MENU

【ガッチガチ】生理前症候群で肩こり!?セルフケア体操で肩こり改善!

最近よく耳にするPMSという言葉ですが、意味は生理前症候群という意味です。
これは月経前の3日から10日、早い方ですと2週間くらい前から起こる不調の事で、女性の半数から8割程の方が感じているそうです。

 

さらに月経とはあまり関係ないような症状も起こるので生理前症候群が元でストレスを感じる方も沢山います。
そんな生理前症候群の症状とは、動悸・頭痛・肩こり・腹痛・関節痛・腰痛・乳房の痛みや腫れといった症状から手足のむくみや体重増加まで様々です。

 

しかも身体的な症状以外にもイライラ・無気力、神経質になるなどの精神的な症状なども起こります。
その上、日ごろある症状の悪化で肩こりが酷いとか腰痛が酷いという方も多いようですが、そんな方にお勧めの肩こり解消セルフケア体操を挙げていきます。

 

まず、脳内の神経伝達物質であるセロトニンの減少により血行不良が原因で肩こりが酷くなるため、まずは血行を促す体操をします。
中でも一番負担がかからないのがウォーキングやストレッチなどの有酸素運動で、これらを行う事で生理前の不調による運動不足からくる肩こりも解消できますので試してみると良いでしょう。

 

 

その中でもよく効く体操の1つに肩甲骨と肩を動かす体操がありますが、方法としてはまず座ったままでも立ったままでもいいので顔を正面に向け、両肩をギュっと力を入れてすくめます。

 

これを5秒間維持し肩の力を抜いて肩を落とす動作を3回繰り返します。
次に、右腕をクロールの要領でゆっくりと肩甲骨を意識しながら回し、右・左を交互に繰り返しながら10回ほど動かします。
また腕を後ろで組み、そのまま後ろ向きに腕が上がる所まで上げて20秒から30秒維持し、力を抜く動作を数回繰り返すのもお勧めです。

 

このように肩こりには肩甲骨周りをほぐす動作と肩の筋肉を収縮させ弱める動作を繰り返すのが効果的で、もし余裕があればそれに加えて電子レンジで温めたタオルで肩をホットパックしてあげたり、38℃〜40℃ほどのお湯にゆったりと浸かり体を温めてあげるのも効果的です。

 

PMSの改善方法:低用量ピル編


PMSの改善方法として、低用量ピルを利用するのは、良い解決策となります。
生理前になると女性の体と心は、1か月の中でもとても不安定な時期を迎えます。いつもであれば穏やかな女性も、自分でもさえられないほど、心が乱れてイライラしてしまうことがあります。気分は憂鬱になりますし、なぜか涙が出てきたり、心は落ち着かない状態で、集中力が低下をしやすくなります。メンタル面の情緒不安定だけではなく、女性のデリケートな体にも、様々な不調が出てきます。

PMSの症状(体の不調)


乳首のハリや痛みなどをはじめ、腰痛がひどくなりは腹部にもハリを感じます。のぼせたような感覚が出てきたり、だるさと疲労感が強く、肌荒れに悩みやすくなります。女性としては肌荒れもつらいですが、体重が増えやすくなるという、悲しいことも起こりやすい時期です。これは偏った誰かのことではなく、生理前の不調として、ほとんどの女性が感じることです。生理前には体内のホルモンが大きく変化するので、プロゲステロンとエストロゲン、両方のホルモンが急に変わることで、心身に不調をきたしやすくなります。

低用量ピルの服用で症状を緩和する

PMSに対して病院で低用量ピルを処方してもらい、毎日飲む習慣を身に着けることにより、症状は緩和されていきます。それはプロゲステロンとエストロゲンに、とてもよく似ている成分を、低用量ピルが含むためです。ホルモンに似た成分は卵巣を抑制することができるので、体内のホルモンは一定に安定をするため、つらいPMSの症状は軽減されていきます。
ちなみに低用量ピルで人気なのはトリキュラーやマーベロンなどの副作用が少ないタイプで、通販などで購入することが出来ます(http://トリキュラー通販.com/)。

低用量ピルの効果はゆっくりだけどPMSの症状は次第に軽くなる

低用量ピルを飲み始めると、心は穏やかに戻りますので、急に涙が出たり怒りっぽくなることが減ります。ニキビができやすい状態も改善されますし、むくみなども改善されます。月経がはじまっても、いつもよりも生理痛は軽くなりますし、多すぎる月経量の人は、量が抑えられるので、生理期間がいつもよりも快適になります。低用量ピルの効果はゆっくりですが、PMSの症状は次第に軽くなります。